iPhone / iPad アプリの配布方法

アプリの配布は、主に、次のいずれかの方法で行います。詳しくはApple社のWEBサイトをご参照ください。

App Store

不特定多数の人へアプリを配布したい場合は、App Storeで無料配布または有料での販売になります。App Storeへの登録はApple社の審査があります。

iOS Developer Program

社内に配布する場合、または一部のユーザーのみに配布する場合、100台まで開発デバイスとして登録が可能で、これらのデバイスに対しAdHoc配信が可能です。USB接続で直接転送するか、メール等で受け取ったファイルをiTunes経由でインストールすることになります。

また、テスターへの配布は、TestFlightを利用するのが便利です。

iOS Developer Enterprise Program

iOS Developer Programのプログラム内容に加え、組織内の社員やスタッフへワイヤレスで配布することが可能です。そのため、アプリを最新の状態に保つことができます。