KINESIS Advantage

Macを使う頻度が増えたため、数年ぶりにリマップしました。ついでに忘備録です。

 

Windows – Mac 切り替え

主に親指キーが切り替わります。

= + w Windows 用配列
= + m Mac 用配列
= + p PC(non-windows)

Keypad レイヤー切り替え

キー配列に、TopLayer と EmbeddedLayer があり、Kyepad キーで切り替わります。
ノートパソコンでNumLock の状態と同じです。ただ、同じと言っては大変失礼で、なんと、EmbeddedLayerにもリマップ可能です。

既定では、=+w、=+m でWindows配列、Mac配列を切り替えますが、EmbeddedLayerにMac配列をリマップすれば便利(予想。またヒマな時に)

リマップ

Progrm + F12 リマップ開始→LED早く点滅
コピー元キー(初期配列) →LEDゆっくり点滅
コピー先キー →LED早く点滅
コピー元→コピー先 繰り返し
Progrm + F12 リマップ終了

TopLayer と EmbeddedLayer とのリマップも可能。

コピー元は初期配列です。

ちなみに、、元に戻すときは、コピー元とコピー先は同じなので、同じキーを2回押すことになります。

Windows-QWERTYの初期配列

win-qwerty

MAC-QWERTY の初期配列

mac-qwerty

マクロ

Progrm + F11 マクロ登録開始→LED早く点滅
コピー先キー コンビネーションも可(Ctrl+J)→LEDゆっくり点滅
内容をストローク
Progrm + F11 マクロ登録終了

 

自分的 設定

左手薬指下のバックスラッシュキー IME切り替え マクロ Alt + ~
右手の↑↓キー入れ替え リマップ
左手Alt と 右手Windows 入れ替え ついでにAltキー引っこ抜いてOption Alt キー装着
MACを遠隔操作時はいいのですが、Alt+Enter、AltでBOX選択、Altl+R、Alt+A、、、使いにくいので元に戻しました。

 

 

英語配列エミュレーションソフト

USJP Pro  日本語配列のノートパソコンに接続する場合に便利 。

蛇足 USBで Windows – Mac 直結!

USBリンクケーブル(Mac/Win対応) KB-USB-LINK3M Synergyの設定で、もう悩まなくていいです。感動!

 

次なるターゲット

次は間違いなく、これ。Cherry茶軸と赤軸を選べるそうな。茶軸に1票。ちなみにKinesisはCherry茶軸です。