IE9:バグ XXXの表示中に問題が発生したため、Internet Explorerは互換表示を使用してWebページを更新しました。

キャプチャ

互換表示がうまく表示できるのなら問題ないのですが、正しく表示されません。IEが固まることもしばしば。IEのどうしようもない不具合とあきらめていたところ、原因が分かりました。

原因

body {
    font-family:helvetica,arial,sans-serif;
}

まさに原因はこれです。Helvetica

といってもHelveticaは何も悪くない。昔から大好きな大変お世話になっているフォントです。どうやらIE9は、Helvetica * というフォントがPCにインストールされているとブラウザがクラッシュしてしまう致命的なバグを抱えているようです。

対策

開発者でなければ・・・PCからHelvetica削除(TT)

それはイヤな方、開発者なら・・・CSS変更!BootstrapやWordpress等、英語圏のCSSを使った場合に、先頭指定されていることが多いです。「Helvetica」の記述を感謝して削除させていただきましょう。

他人様のサイトの場合はどうしようもないので、おとなしくChromeやFirefoxを使いましょう。