PHPTAL on Dreamweaver!

PHPTALのコードをも、Dreamweaverのコードヒントに追加しましょう。
プログラミングスピード少しUP間違いなし。

環境設定 → コードヒント → タグライブラリエディタ

使いそうなタグに、属性を追加します。
たとえば・・・

div ・・・tal:replace tal:attributes tal:content tal:condition tal:repeat
input・・・tal:attributes tal:condition
tr・・・ tal:repeat tal:replace

などなど。

タグライブラリエディタ

まだ、PHPTALを試していない方は是非チャレンジしてみてください。学習コストが低い割に、Dreamweaverとの相性抜群で、開発スピードが上がります。また、ZendFrameworkのViewRendererへも比較的簡単に組み込めます。なんといっても、デザイナさんに喜ばれます。モテモテです。未体験なら是非チャレンジしてみてください。

PHPTAL導入については、1つだけデメリット。XMLとして文法的におかしいHTMLファイルはTALに解釈してもらえず例外となります。XHTML、HTML5でのコーディングならほぼ問題ないのですが、HTML4+Dreamweaver の場合、タグが閉じてないことがよくあります。<img src=””>とか。

ま、これについは事前の決め事で解決できるし、例外のハンドリングで何とでもなりますので、デメリットっていうほどでもないか。。